森山ケアセンターについて

施設理念

  1. 一、利用者が、一日も早く家庭に復帰し、生きがいのある自立した日常生活を営めるよう支援します。
  2. 二、利用者が、楽しく、生き生きと療養生活を送れるよう、清潔で心地よい環境を提供します。
  3. 三、利用者が持っている能力に応じて、自立した生活を維持出来るよう、家庭や地域との交流と連携を積極的に行います。
社会医療法人社団 森山医会 理事長  森山 貴

施設長挨拶

森山医会では、救急や病気に対応する森山記念病院と、その後のリハビリテーションに特化した東京脳神経センター病院とで、患者様に密着した質の良い医療とリハビリテーションの提供に心掛けて参りました。これをさらに一貫して発展させるために、これまでに培った知識、技術、経験を全て生かして、介護老人保健施設を核とした総合福祉施設、森山ケアセンターが開設されました。
建物は堅牢で安心して療養して頂ける免震構造を取り入れました。敷地内には通所リハビリテーション・居宅サービス支援事業所を有機的に構築して、皆様のご要望にお応えしております。今後迎える超高齢化社会に対応できると考えます。
住み慣れた地域やご自宅で、基本的な生活機能を保ちながらご家族と楽しく暮らせますように、地域完結型の医療支援を目指します。「基本的生活機能を維持あるいは改善したい」「生活機能が少し低下した」等々、お困りの際はどうぞご相談下さい。

森山ケアセンター 介護老人保健施設 施設長 岩間 毅夫

副施設長挨拶

当医療法人森山医会では、脳神経外科の救急医療を中心に回復期のリハビリテーション医療を展開し社会・在宅復帰を目標に取り組んできました。
超高齢化社会を迎え診療報酬の改正が目まぐるしく変化する中、江戸川区及び隣接する区の皆様に喜んで頂きたく、総合福祉施設森山ケアセンターを開設いたしました。
今回のケアセンター開設にあたり東京都・江戸川区様の多大なご協力を賜り感謝しております。
この度の施設は都内の立地条件とは思えないほど自然豊かな環境の中にあり、日本初の親水公園(古川親水公園)にも隣接しています。利用者様は勿論ご家族の皆様も満足して頂けると確信しています。 施設内容も都内をはじめ他県にわたり見学しご意見ご指導をいただきました。利用者様は勿論職員が働き易い環境整備を考えています。
本来の病院から在宅復帰への橋渡しとして役割をはたしていきたいと考えています。又、医療スタッフを充実させ医療依存度の高い利用者様の受け入れも行っていこうと思います。

森山ケアセンター 副施設長 髙井 豊

森山ケアセンターの運営方針

  1. 豊かな自然の中で、ご自分の生活スタイルを継続できるように支援します。
  2. 個別リハビリ、集団リハビリ、生活リハビリを通し、心身の機能の維持・回復、生活全般の活性化を目指します。
  3. 利用者様とご家族の立場に立ち、喜びと誇りの持てるケアを追求します。
  4. 医療的な処置は、森山記念病院、東京脳神経センター病院と連携し対応します。
  5. 地域の方にふれあいの場として施設を提供し、地域福祉の充実と地域の高齢者ケアの向上に努めます。
  6. 利用者様とのふれあいの中で一人ひとりが成長し自己研鑽のできる職場作りを目指します。
お問い合わせ 森山ケアセンター 03-3689-1211 〒134-0013東京都江戸川区江戸川5-4-23
お問い合わせフォーム